諸先輩BREEDER様の経験からの貴重なBREED STYLE 

実際に検証して何かを進める事が出来たらとKOKOとのちいさなちいさな実験室


2014年度

  1. 菌糸材、オオヒラ材

 

           YG14-1(80系)
           YG 14-2 (847系)
           YG 14-3 (80×866)
           YG 14-4 (866×80)    
           YG KOKO 

          

           KURUME 14-1 
           KURUME 14-2
           KURUME 14-3

           KURUME 14-4

 

  2..  早期羽化 久留米(MI血統)

   F3  14.7g⇒49㎜ 昨年よりサイズUP

    餌慣れを考え継続(F5まで継続予定)

   F1 11.0g⇒48㎜ 12.5g⇒48㎜(MA血統)

    別血統 追加

    3.  久留米専用菌糸KSPを使用

   25℃、30℃管理で比較

  

2013年度

  1.  菌糸材VS産卵木

       2013KU-MA LINE  48/55頭

           2013KU-MB LINE  39/50頭

   2013KU-MC LINE  49/56頭

   2013KU-MD LINE  38/44頭

   2013KU-ME LINE   39/44頭

   2013KU-MM LINE     0

        

               2013YG TR-1(C)      28/36頭

   2013YG TR-2(AS)   24/29頭

   2013YG TR-3(CA)  19/19頭

   

               2013KU-KOKO        7/7頭(神長産卵ボトル:SL)

               2013KO YG-1          40/48頭

   2013KO YG-2          41/50頭

 

                      2013全幼虫数   372/438=84.93%

                         自作菌糸材:DRオオヒラ材=202:170(頭)

                   ⇒非常に有用◎

       2.  低温飼育、蛹化・羽化温度による大顎の形状変化

     ⇒蛹化・羽化温度で湾曲の違いが顕著

  

    3.  早期羽化 久留米(MI血統)

   F2  12.5g⇒47㎜  13.3g⇒49㎜ 昨年よりサイズUP

   餌慣れを考え継続

 

 

 

2012年度

  1. バクテリアの有効性?

   (成虫管理、幼虫管理)

   ⇒成虫管理◎他産地の食痕リレー?

  2. ボトルリレー  全LINE

   400cc⇒800or1400cc

   800cc⇒800or1400cc

  (ボトルのリレーで幼虫体重に差は出るのか?)

   ⇒有意差は認められず(引き続き検証)

  3. 飼育温度と菌糸の状態の推移

  (抑えた温度環境下の幼虫体重、菌糸の状態)

   ⇒1.5年羽化になるため当管理スペースでは厳しい

  4. 遮光環境での幼虫体重の比較

  (アルミホイルで瓶を覆った場合)

   ⇒有意差は認められず(引き続き検証)

  5.添加剤 1本目、2本目に相反する添加をした場合の成長過程

  ⇒交換時期をずらして再検証

  6.  早期羽化 久留米(matsuno血統)

   F1  11.3g⇒45㎜  12.5g⇒46㎜  久留米産では小型化

   成長が緩やかなので餌慣れを考え継続

 

2011年度

  1. 添加剤 添加剤は後押しとして有用なのか?
       (添加の有無による比較) matsno insect 2011 MI-KU-1,KU2 LINE

     乳タンパク、大豆タンパク、キトサン(甲殻類orホダ)

   タンパクによる体重増加⇒有用 キトサンによる生存確立⇒やや増加

     

  2. 産卵促進剤   幼虫を採る為の補助材料となりうるか?

           2011 MI-KU2 matsno insect №13×9

       (産卵促進剤レイシ抽出水溶液、自作菌糸材で幼虫数を比較) 

   Breed菌糸を用いて菌糸材を作成⇒有用